Hand-to-mouth

我が家が購入する市販の食品における禁忌成分リスト
(要するにこれが入っていたら絶対に買いませんって事……)

*1.カロリーOff…と書かれたスポーツドリンクその他に必ず入っている甘味料
「アスパルテーム」「アセスルファムK」「スクラロース」

*2.ジュース類、甘いコーヒーのほとんどに入っている超安価な甘味料
「ブドウ糖果糖液糖」「果糖ブドウ糖液糖」「異性化糖」

*3.大量生産の食パン(イースト菌の手っ取り早い発酵促成)
「イーストフード」

*4.加工肉(ウインナー、ベーコン)等、酒のつまみの美味いやつにほぼ入ってる
「リン酸Na」

*5.菓子パンその他にほぼ入っているサクサク成分……別名トランス脂肪酸
「ショートニング」「マーガリン」

*6.黒いジュース、調味料、即席麺にだいぶ入ってる、見た目を美味そうにするやつ
「カラメル色素」

*7.チョコレート、チーズ……様々な添加物と原材料を馴染ませる、添加剤の中の添加剤
「乳化剤」

成分を解説するにあたって、主観的な用語を使用しています。疑問をもつ方は、それぞれの成分名に合わせてネガティブなワードを添えてググって下さい。例えば「ショートニング 発ガン」とか……
「そんな事言ってたら、何も食べられなくなるでしょ……」という反論が聞こえはしますけども……そんな事はありません。他にも食べるものは沢山あります。だけどこの7種類の成分を完全にチェックして無関係に生きていくには、多くの品を「自分で作る」しかないということ……つまり身を惜しんではいけないという、シンプルなお話なのです。
実際には、健康に生きていくための食糧計画はこれだけでは済みません。肉、野菜類にしても、産地の問題や農薬の問題。GMOの問題等、あらゆる事を検討して家族の口から入る食品をマネージメントします。

こういう事をおろそかにしておいて、愛も哲学も語れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA